診療放射線科(昼間) 3年制 高度化する医療現場に必須の診療放射線技師

1年次

主にX線撮影方法を修得します。患者への接遇や撮影のためのポジショニングなど、2年次の病院実習に向け、知識と技術を活かせるようにします。


学内実習



2年次

主に一般撮影、CT検査、MRI検査を学びます。解剖学的知識と結び合わせ、最適な撮影方法を修得します。


臨床実習



3年次

主に核医学検査と放射線治療を学びます。また、症例報告ではこれまでの実習の成果を確認するとともに、後輩に自身の将来像を伝達する良い機会になります。


臨床実習



主な実習先

上尾中央総合病院/岩国医療センター/唐津赤十字病院/関門医療センター/君津中央病院/呉医療センター/さくら病院/佐田整形外科医院/聖峰会マリン病院/千葉ろうさい病院/東京大学医学部附属病院/東京都立駒込病院/戸田中央総合病院/長崎みなとメディカルセンター/西福岡病院/原病院/広島市立広島市民病院/福山医療センター/村上華林堂病院/ヨコクラ病院 /洛和会音羽病院 等(※五十音順)

診療放射線科
山田 聖之介さん (大分県 中津北高校出身)

臨床実習を終えた今、機器や解剖の知識も必要ですが、何より患者様や他の医療職種の方々とのコミュニケーションが最も大切だと感じています。とくに、診療放射線技師の仕事のなかにある造影検査は、医師や看護師の方々との協力が必要で、医療事故防止にも繋がるし、何より患者様のスムーズな検査にも繋がります。 臨床実習を経験し、MRIについてさらに興味が湧いたため、スペシャリストになれるよう今後も精進していきたいと思います。