看護科紹介(昼間) 3年制 チーム医療の中心的役割

チーム医療の中心的役割

患者様のお世話だけでなく、その症状を的確にとらえ医師に正確な情報を提供するのも仕事。
予防のための指導を担当するなど、チーム医療に欠かせない存在です。

医療の高度化により、高い専門性が必要

医療技術の進歩及び医療(看護)提供の場の多様化が進む現代において、看護師にも高い専門性が求められるようになりました。
より専門的な知識と優れた技術が必要となっています。

リンパ浮腫治療のスタッフとしても期待

専門知識を持ったスタッフの数が不足しているといわれる「リンパ浮腫治療」。2008年度より看護師が行うリンパ浮腫指導が保険算定されるようになりました。

沿革

昭和23年保健婦助産婦看護婦法の制定
昭和26年甲乙看護婦の区別の廃止と准看護婦の創設
昭和27年保健婦・助産婦受験資格の適用拡大
昭和28年保健婦助産婦看護婦法施行令制定
平成13年男女の資格名称を「婦」・「士」から「師」に統一
平成18年保健師、助産師、看護師および准看護師の名称独占、
保健師、助産師の免許登録要件に看護師国家試験合格を追加し、
業務停止などの処分を受けた看護師等の再研修などを規定

業務

傷病者もしくはじよく婦に対する療養上の世話又は診療の補助を行うこと。

現況

●就業実人員数:1,149,397人

(※平成28年末現在)

現況


国家試験合格率

国家試験合格率

    受験者数 合格者数 合格率
平成30年度
(第108回国家試験)
本校 35人 35人 100%
全国 63,603人 56,767人 89.3%
平成29年度
(第107回国家試験)
本校 38人 38人 100%
全国 64,488人 58,682人 91.0%
平成28年度
(第106回国家試験)
本校 37人 37人 100%
全国 62,534人 55,367人 88.5%
平成27年度
(第105回国家試験)
本校 34人 33人 97.1%
全国 62,154人 55,585人 89.4%
平成26年度
(第104回国家試験)
本校 33人 33人 100%
全国 60,947人 54,871人 90.0%
平成25年度
(第103回国家試験)
本校 34人 34人 100%
全国 58,891人 52,900人 89.8%