臨床実習・臨地実習(理学療法科・診療放射線科・看護科)

理学療法科、診療放射線科、看護科、柔道整復科、鍼灸科は講義や演習・実習で学んだ知識や技術をもとに実際に医療機関などへ行き
実習を通じて、医療現場で必要となる知識や技術、コミュニケーションのとり方などを学びます。

臨床実習・臨地実習に向けたサポート

■ 理学療法科

理学療法科
中山 涼子さん (沖縄県 南風原高校出身)

臨床でしか学べない内容の修得と応用力を身に付けることを目標にして、実習に臨みました。実習中は、患者様と実際に接してみて、勉強不足さや思考力のなさを多く感じましたが、先生方に助けてもらい、患者様と真摯に接することができました。まだまだ勉強不足なことが多いため、それぞれの疾患に対してのリスク管理など考えていけるようにこれからもがんばりたいと思います。

詳細はコチラ


■ 診療放射線科

診療放射線科
山田 聖之介さん (大分県 中津北高校出身)

臨床実習を終えた今、機器や解剖の知識も必要ですが、何より患者様や他の医療職種の方々とのコミュニケーションが最も大切だと感じています。とくに、診療放射線技師の仕事のなかにある造影検査は、医師や看護師の方々との協力が必要で、医療事故防止にも繋がるし、何より患者様のスムーズな検査にも繋がります。 臨床実習を経験し、MRIについてさらに興味が湧いたため、スペシャリストになれるよう今後も精進していきたいと思います。

詳細はコチラ


■ 看護科

看護科
大林 明日香さん (福岡県 祐誠高校出身)

病院実習は、患者様への観察力がとても大切であることを教わりました。疾患だけでなく、年齢、これまで過ごしてこられた生活背景など、個別に応じた看護が必要となります。確かな知識と技術はもちろんですが、細かな変化を見逃さない力も必要です。患者様やそのご家族の方々が望む生活に近づくことができるよう、一緒に考えながら笑顔で生活できるように看護していく看護師を目指していきたいです。

詳細はコチラ


■ 柔道整復科

柔道整復科
坂田 尚悠さん(福岡県 武蔵台高校出身)

授業で学んだことを実際に見ることができ、知識や技術に加え、なかなか授業では修得できない患者様に対する立ち振る舞いやコミュニケーションなども学ぶことができました。就職した際に、患者様に一番いい治療ができるよう、今のうちに多くの知識・技術を身につけていきたいと思います。そして患者様に信頼される柔道整復師になり、たくさんの人々を笑顔にしていきたいです。

詳細はコチラ


■ 鍼灸科

鍼灸科
眈勝,發さん (福岡県 福岡女子高校出身)

患者様が今どういう状態なのか、それを患者様にわかりやすく伝えることが大変難しかったです。また、私の緊張が患者様に伝わっていたので、もっとリラックスしてもらえるような立ち振る舞いをできるようにしていきたいと思います。日々の勉強を大切に、私の目指す「地域の方々に信頼される鍼灸師」を目指していきます。

詳細はコチラ


各科の臨床実習・臨地実習

■ 理学療法科

1年次

入学早期から医療機関での実習を行います。病院・施設の機能や理学療法士の役割を学び、目標とする理学療法士像を具体化します


見学実習



2年次

介護老人保健施設における生活支援の実情を体験します。利用者との対話を通じ、一人ひとりに沿った生活支援の必要性と理学療法士の役割を実感します。


ADL実習



3年次

理学療法士の基礎となる検査測定・評価能力を修得し、患者の状態を正確に把握する力を養います。


評価実習

長期実習



4年次

学内で培った知識・技術を総動員し、患者一人ひとりの有する問題点を明らかにし、理学療法プログラム立案および治療を実施します。実習での多くの学びが、卒業後の臨床活動に直結します。


長期実習




主な実習先

早良病院/誠愛リハビリテーション病院/高良台リハビリテーション病院/西福岡病院/福岡県済生会福岡総合病院/福岡鳥飼病院/福岡みらい病院/福岡リハビリテーション病院/ヨコクラ病院/吉村病院 等(※五十音順)

■ 診療放射線科

1年次

主にX線撮影方法を修得します。患者への接遇や撮影のためのポジショニングなど、2年次の病院実習に向け、知識と技術を活かせるようにします。


学内実習



2年次

主に一般撮影、CT検査、MRI検査を学びます。解剖学的知識と結び合わせ、最適な撮影方法を修得します。


臨床実習



3年次

主に核医学検査と放射線治療を学びます。また、症例報告ではこれまでの実習の成果を確認するとともに、後輩に自身の将来像を伝達する良い機会になります。


臨床実習



主な実習先

上尾中央総合病院/岩国医療センター/唐津赤十字病院/関門医療センター/君津中央病院/呉医療センター/さくら病院/佐田整形外科医院/聖峰会マリン病院/千葉ろうさい病院/東京大学医学部附属病院/東京都立駒込病院/戸田中央総合病院/長崎みなとメディカルセンター/西福岡病院/原病院/広島市立広島市民病院/福山医療センター/村上華林堂病院/ヨコクラ病院 /洛和会音羽病院 等(※五十音順)

■ 看護科

1年次

看護の活動の実際を知り、看護師の役割を学びます。




2年次

入院されている患者の情報をアセスメントし、看護計画に沿って基本的ニーズに基づく援助をします。




3年次

あらゆる健康段階の対象に応じた看護を行います。また、チーム医療及び多職種との協働の中で看護をマネジメントできる基礎的能力を修得します。




主な実習先

友田病院/西福岡病院/のぞえ総合心療病院/福岡記念病院/福西会病院/牟田病院 等(※五十音順)

■ 柔道整復科

1年次

あいさつやマナー、院内環境整備を主とした見学実習をとおして、医療人として基本的なことを修得します。


見学実習



2年次

実際に施術に使用する物理療法機器の取扱いや効果について学び、患者との適切なコミュニケーションのもと安全に施術できるようになります。


臨床実習



3年次

教員指導の下、問診から施術まで一連の流れを行い、実践的な技術を修得します。また、症例検討会を実施し、検証とまとめを行います。


模擬実習



主な実習先

福岡医療学院整骨院、福柔整骨院(本校1階)

■ 鍼灸科

1年次

夕オルワークや患者への接し方、コミュニケーションの取り方を練習し、附属の鍼灸院を見学します。


見学実習



2年次

実際に模擬患者の話を聞き、身体の状態を把握したうえで治療を行い、その症例について、カンファレンス(症例検討会)を行います。


臨床実習



3年次

東洋医学を用いて治療を行います。―人の模擬患者を受け持ち、根本的に治療していくことを経験します。症例報告会をとおしてさまざまな疾患が診られるように症例を共有します。


臨床実習




主な実習先

福岡医療学院鍼灸院、福柔鍼灸院(本校1階)