学費サポート(奨学金など)

日本学生支援機構の奨学金制度について

【第一種奨学金(無利子)】

貸与月額 【自宅通学の場合】 月額20,000円、30,000円、40,000円または53,000円
【自宅外通学の場合】月額20,000円、30,000円、40,000円、50,000円または60,000円
※自宅通学の月額も選択できます
貸与始期 7月(4月にさかのぼることも可能です)
応募基準 人物、学業共に特に優れ、経済的理由により、著しく修学に困難がある方
推薦方法 書類選考の上、適格者を推薦します

【第二種奨学金(有利子)】

貸与月額 次の中から選択でき、貸与中に金額の変更が可能です
20,000円〜120,000円(10,000円刻み)
貸与始期 7月(4月にさかのぼることも可能です)
応募基準 人物、学業共に特に優れ、経済的理由により、著しく修学に困難がある方
推薦方法 書類選考の上、適格者を推薦します
貸与利率 参考利率  年0.01%※1<利率見直し方式>※2
      年0.22%※1<利率固定方式>※2
※1 平成19年4月以降の採用者、平成30年1月度分の参考利率です。 詳細は、日本学生支援機構の ホームページをご覧ください。
※2 いずれの方式も利率は年3.0%が上限です。

【入学時特別増額貸与(有利子貸与)】

● 第1学年入学者に対して、希望により定額(10 万円・20 万円・30 万円・40 万円・50 万円)の増額貸与が選択できます。
● 奨学金の第1回目の振込時に選択した金額が上乗せされます。
● 入学時特別増額貸与のみを借りることはできません。
● 申込条件:第一種奨学金または第二種奨学金の申込者で下記の条件のいずれかを満たす方
  奨学金申請時の家計基準における認定所得金額が0(ゼロ)評価となる方
  上記^奮阿諒で「日本政策金融公庫の教育ローンが利用できなかったことについて(申告)」に次の書類を両方とも添付 
  して提出した方
  a.日本政策金融公庫の「国の教育ローン借入申込書(お客さま控え)」のコピー
  b.融資できない旨を記載した日本政策金融公庫発行の通知文のコピー


その他の学費サポートは、学生募集要項をご覧ください。



教育訓練給付制度について

在職者や離職者が、厚生労働大臣が指定する教育訓練講座を受講し修了した場合、
本人がその教育訓練施設に支払った費用の一部をハローワークから支給する雇用保険の給付制度です。

奨学金の種類

初めて教育訓練給付金の支給を受けようとする方

講座の受講開始日までに通算して2年以上の雇用保険の被保険者期間を有し、在職中または離職後1年以内の方。

2回目以降教育訓練給付金の支給を受けようとする方

前回の教育訓練給付金受給日から今回受講開始日前までに3年以上経過している方。(※1)

(※1)平成30年1月1日以降に受講開始する専門実践教育訓練から適用されます。

奨学金の種類

一例の流れについて