理学療法科 4年制 午前(スポーツトレーナー)

アスレチックリハビリテーション系

競技者のリハビリテーションに強い理学療法士

ドクターと連携して、チーム医療で活躍する理学療法士はその専門知識を生かしアスレチックリハビリテーションの分野で活躍しています。アスレチックリハビリテーションは、スポーツ選手がケガをした後に、日常生活だけでなくその後の競技復帰を目的としたものです。授業ではトレーニング指導に加えて、競技復帰トレーニングプログラム作成に関する授業をプラスして学べます。


POINT 1

JATI-ATIや初級障がい者スポーツ指導員などの資格取得が可能
平成30年度JATI-ATI 合格率 100%
合格者62名(うち理学療法科23名)


POINT 2

スポーツ現場での外傷処置の技術を修得
競技復帰に向けたリハビリテーションはもちろん、テーピングや各種の固定法を修得し、スポーツ現場の急性外傷に適確に対応できるスポーツトレーナーとしての能力を修得します。


POINT 3

プロチームでの実習と豊富な実践経験
プロ野球やJリーグで活躍しているスポーツトレーナーを講師に迎えるとともに、プロスポーツチームやスポーツクラブなどで実習を行い、実践経験を積んでいます。


JATI-ATI合格!
スポーツ分野で活躍できる理学療法士になる

ケガをした人のために役に立つ理学療法に加えて、スポーツトレーナーにもなれる勉強をしており、両分野に関心がある人には福岡医療はよい学校だと思います。JATI-ATIに合格でき、私の夢であるスポーツ分野で活躍できる理学療法士になれるよう、国家試験合格という次の目標に向かって頑張ります。


理学療法科2年
(スポーツトレーナー)
湯浅 絵実さん
福岡県 中村学園女子高校出身



主なカリキュラム

主なカリキュラム

平成30年度 合格率
JATI認定試験

合格率 100%
62名合格

うち理学療法科23名
うち柔道整復科36名
うち鍼灸科3名


過去の実績

平成29年度 合格率100% 57名合格
平成28年度 合格率100% 56名合格
平成27年度 合格率100% 23名合格



トレーニング実践論(下半身)の授業を紹介します

トレーニング実践論では、選手がトレーニングを必要としている部分に対して、様々な角度からアプローチできるように
進めていきます。今回の授業では座学(運動解剖学・運動生理学等)およびトレーニング方法を学びました。
現場で役立つ技術を身につけ、最終的にトレーニングルームの運営、トレーナー活動帯同を行います。


実技に入る前にトレーニングの基礎知識を学びます。



基礎医学を学んでいるため、医学とトレーニング合わせた
実践的な知識を修得できます。


実際にトレーニングを行っていきます。
まずは先生のデモストレーションで確認します。
今回は下半身がテーマです。


正しいフォームでできているか確認します。


次に下半身のスピードトレーニングを学びます。
一流スポーツ選手は優れた技術に合わせ、
スピードも兼ね備えています。


外部のスポーツクラブでも実習を行います。実際に使用されているトレッドミル・エアロバイクなどの豊富な機材を使用し、筋力トレーニング・ストレッチなどの方法を学びます。


エアロバイクで有酸素運動を行います。
着地衝撃が少ないため、リハビリ中の選手の心肺機能向上に有用です。


トレーニングマシンの機器説明および使用目的・効果を理解し、選手に指導することを目指します。


特別講師によるエアロビクスの体験を行います。
音楽に合わせて楽しく下半身のエクササイズを行います。
幅広い世代の方に人気があります。


本校トレーナールームにて高校生(野球部)に対して実際にトレーニング指導を行っています。


フロウントランジの指導をしています。
これは下半身の筋力強化です。フォームを確認しながら声かけをしています。


スクワット指導をしています。
授業で学んだことがすぐに実践できます。


・日本トレーニング指導者協会認定トレーニング指導者 (JATI-ATI)
・日本障がい者スポーツ協会公認初級障がい者
 スポーツ指導員
・公益財団法人日本体育協会公認スポーツリーダー
・公益財団法人仁尾本体育協会競技別指導者
 (指導員・上級指導者・コーチ等)
・キネシオテーピング協会認定トレーナー/
 日本SAQインストラクターレベル1
・日本赤十字救急法救急員認定証(心肺蘇生・AED)/
 日本アロマテラピー1級